商工会について

【小俣町の紹介】

小俣町は、伊勢志摩の入り口の町、清流「宮川」を挟んで伊勢と接し、旧参宮街道に沿いながら伊勢参宮街道の最終宿場町として知られてきました。東西4km、南北5km、総面積は11.56k㎡と小さな町です。町の西部には、標高60mの大仏山がありますが、町域の大部分は、小丘陵と河川の間に広がる平坦な土地で、温暖な非常に住みやすい町です。
昭和3年の町制施行により小俣町が誕生しました。そして、平成17年11月に市町村合併が行われ、旧伊勢市、二見町、御薗村とともに新「伊勢市」として生まれ変わりました。
当地は、古くから伊勢神宮とのかかわりが非常に深く、今から約1200年前には伊勢神宮領として離宮院がおかれ、伊勢地域の政治・文化・交通の中心地であったと考えられています。伊勢神宮へ祭祀を司った斎王が、離宮院に一度身を置き、清流宮川で身を清めてから伊勢神宮に参るという、神聖な場所でもありました。
伊勢参宮街道の街道筋にあたる小俣では、伊勢神宮参拝客を相手とする商業が発展し、山田(現伊勢市)、松阪に次ぐ町としておおいに振わったといわれています。
この地域では、比較的人口密度が高く、平均年齢が低いことから、町の中心部と周辺ロードサイドには大型店が数多くありいくつかの商業集積を形成し、車で10分もあれば欲しい物がほとんど買えるという住みやすい町になりました。工業面においても金属加工業を中心として中小企業があり雇用面でも確保されています。

【小俣町商工会の活動】

宮川駅前商店街が中心になって、昭和8年に任意団体として小俣町商工会が結成され、小俣町の商工業発展に努めてきました。昭和36年には商工会法によって法制化され活動してきましたが、平成29年に伊勢小俣町商工会に変更し現在に至っています。
小俣町商工会(任意)の結成当初は、共同で大売り出しや親睦旅行など、組合的色彩が強い活動が主でした。昭和28年から昭和37年まで続いた「商工祭」は映画大会やソフトボール大会などが催され、花火大会は当時の伊勢花火大会に匹敵する規模だったと聞きます。
昭和38年からは「小俣祭り」に引き継がれ、時代とともに内容や主体を変えながら継続されています。
法制化後は、金融指導、記帳指導などの経営改善普及事業、売り出しの開催や調査事業などの地域総合振興事業と2つの柱を中心に、その時代に適合した事業を行っています。
そのほか商工会では、情報発信を積極的に行っています。「小俣町商工会だより」は昭和37年に創刊号を発刊、平成9年にリニュアルし再発行しています。近年では「おばた商工マップ」「小俣町商工ガイド」を発行しました。

最近の地域総合振興事業
・大売り出し事業(平成11年から継続)
・おばた商工マップ発刊(平成13年)
・小俣町ニュータウン構想(平成14年)
・小俣町商工ガイド「ただいま商い中」発刊(平成15年)
・おばた参宮市の開催(平成19年度から)
・おばたmini企業展(平成25年度から)

伊勢小俣町商工会は、その時々の時代に応じた事業を行ってきましたが、時代が大きく変わりつつある現在、商工会もこの変化に合わせて担うべき役割を見直し、事業の拡大と充実を図っていかなければなりません。
地域商工業者の多様な相談・ニーズに対応し、活力ある地域づくり目指してより一層努力していきます。

【商工会の組織状況】

商工会は、経営指導を通じて商工業の総合的改善発達を図るとともに、社会一般の福祉の増進に資することを目的として、法律に基づき設立された「特別認可法人」です。商工会は、国・県・町の補助を受け小規模事業者の相談指導を行っています。
商工会は、全国の市町村に1,649(令和3年4月現在)の商工会が設置されていて、商工業者の経営支援や地域の活性化を図るため様々な活動を行っています。

【伊勢小俣町商工会の現況】         設立 昭和36年5月16日
区  分 伊勢小俣町商工会 三重県
商工会数 23
会員数 422 11,909
青年部員数 28 797
女性部員数 80 1,909

注)伊勢小俣町商工会及び三重県内の会員数は令和3年4月1日現在

【経営改善普及事業】  みなさまの経営の改善発達のために

伊勢小俣町商工会が行っている「経営改善普及事業」とは、小規模企業の経営や技術の改善発達を図るための事業で、通商産業大臣の定める資格を持つ経営指導員などが、金融・税務・経営・労務などの経営相談や経営指導に従事するとともに、地域の活性化のために様々な取り組みを行っています。

経営相談・経営指導

経営のことでお悩みの皆様に対し、適切なアドバイスを行っています。
その他にも、定期的に皆様の地域を回る巡回指導も行っています。
また、法律や税金などの高度な専門知識が必要な場合は、専門家を派遣し皆様のご相談を承りますので、気軽に商工会にご相談ください。

講習会の開催

商工会では、経営者の皆様にとって必要な知識や技術などに関する情報を提供するために、各種講習会や研修会等を開催しています。

金融指導

運転資金や設備資金の必要に応じて、適切な融資制度のアドバイス、申込受付等を行っています。

記帳・税務指導

帳簿のつけ方 正しい帳簿は税務申告のためばかりでなく、経営の近代化に欠かせないものです。
商工会では、事業発展にお役立ていただくため、記帳から決算・申告まで一貫してご指導します。
記帳のポイント 事業と家計を明確にする
帳簿は自分で記入する
記帳はその日に記入する
簿記知識の習得 商工会では簿記講習会、委嘱税理士による面談指導等を開催しています。お気軽にご相談下さい。

労働保険・社会保険

労働保険や社会保険の加入を促進し、受給等手続きの支援を行っています。

情報化指導

パソコンの導入やワープロ・表計算の操作方法についての指導や操作研修会を開催します。インターネットを通じて企業情報の提供などを行っています。

経営技術強化支援事業(エキスパートバンク)

経営相談に対し、中小企業診断士などの専門家を派遣し、具体的かつ実践的にお応えします。

福利厚生

事業主、従業員の定期健康診断を行い、健康づくりを支援します。
優秀な企業、従業員の表彰を行います。

共済制度

それぞれ目的にあった共済を選択し、説明や加入を推進しています。
・小規模企業共済 ・倒産防止共済・中小企業退職金共済
・商工ふれあい共済 ・商工貯蓄共済
・経営者年金制度・特定退職金共済 ・国民年金基金
・火災共済 ・中小企業共済

商工会カード

会員の連帯意識と会員メリット強化のため全国共通のクレジット機能付きの商工会カードを発行しています。カードには割引等のさまざまな特典があります。加入金・年会費とも無料です。
ETCカードもあります。これも加入金・年会費とも無料です。

【地域総合振興事業】  商工業者のくらしと地域社会の幸せづくり

小俣町商工会は、地域の「総合経済団体」または中小企業の「指導団体」として、豊かな地域づくりと商工業の振興発展のために、様々な地域振興事業に取り組んでいます。

特産品の紹介

ホームページや地域物産展を利用して、特産品情報を全国に発信しています。
むらからまちから館や情報誌マルシェで全国の特産品を紹介、販売しています。

青年部・女性部活動の支援

今までの商工会活動の中でも、青年部・女性部活動のウェイトはかなり高いものと言えます。
青年部は昭和41年、女性部(前婦人部)は昭和46年に結成され、自己研鑽などの研修事業、イベントなどの地域振興事業など様々な活動を行っています。活発に事業を行うことで部員間の交流も深めています。
青年部は、経営革新など各種講習会の開催や地域に貢献する活動を積極的に展開しており、小俣町商工会青年部ホームページで青年部活動や部員の紹介など情報発信を行っています。
女性部では、地域振興発展をテーマとし、様々なイベントに参加したり、県下統一の交通安全運動や講習会の開催、継続的に実施している花いっぱい運動など、地域づくりに貢献しています。

未来像

調査・研究を通して夢あふれる地域の未来像を描きます。

イベント

地域の伝統、芸能等を利用したまつりなどの開催や、生涯学習事業などを実施します。

商工会では、経営に関する不安や問題等を解決するため
いつでも皆様のお越しをお待ちしております。